※本ページには広告が含まれています。 

本当に治る?デリケートゾーン かゆみ 市販薬の選び方【意外にしらない】

本当に治る?デリケートゾーン かゆみ 市販薬の選び方【意外にしらない】
猫柳
猫柳

こんにちは!市販薬の中で「デリケートゾーン かゆみ」の悩みにおすすめのものを紹介したいと思います。

デリケートゾーンのかゆみは、生理用品や下着による摩擦やムレ、石鹸やボディーソープによる洗いすぎなどが原因で起こることが多いです。そんなときには、かゆみ止め成分や殺菌成分が配合されたクリームやスプレーを使うと効果的です。

その中でも人気の高い市販薬を4つピックアップしてみました。

スポンサードリンク

デリケートゾーン市販薬 種類|特徴・メリット・デメリット

デリケートゾーンのかゆみに効く市販薬は、主に塗り薬とスプレーの2種類があります。

塗り薬は、クリームや軟膏といった剤形で、患部に直接塗って使用します。
スプレーは、液体を霧状にして患部に吹きかけて使用します。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較してみましょう。

塗り薬タイプ
  •  特徴  
    かゆみ止め成分や殺菌成分などが配合されており、肌に密着して効果を発揮します。伸びがよく、塗り込みやすいものが多いです。
  •  メリット 
    効果が持続しやすく、乾燥や刺激から肌を保護します。清涼感や保湿感があるものもあります。
  •  デメリット 
    手を汚してしまうことや、塗った後にべたつくことがあります。また、衣服や下着に付着することもあります。


つづいて、

スプレータイプ
  •  特徴  
    かゆみ止め成分や殺菌成分などが配合されており、肌に触れずに使用できます。さっぱりした使用感で、逆さまにしても使えるものもあります。
  •  メリット 
    手を汚さずにサッと使えるため、外出先でも便利です。また、塗り薬よりも刺激が少ないと感じる人もいます。
  •  デメリット 
    効果が持続しにくく、何度も使用する必要があることがあります。また、液体が飛散することもあります。


かゆみがひどくなると、皮膚が傷ついたり、感染症のリスクが高まったりするので、早めに対処することが大切です。悪化させてしまうと、症状が長引いたり、病院に行かないといけなくなる場合もあるので厄介です。

デリケートゾーンのかゆみを緩和することができる市販薬には、塗り薬やスプレー、膣錠などの剤形があり、それぞれに含まれる成分や効果も異なります。自分の症状や好みに合わせて選びましょう。

デリケートゾーンのかゆみを緩和する成分

デリケートゾーンのかゆみを緩和できる市販薬でよく見かける成分としては、ジフェンヒドラミンやウフェナマートなどがあります。

ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン薬としてアレルギー反応を抑える効果があります。ウフェナマートは非ステロイド性の抗炎症薬として炎症を抑える効果があります。

デリケートゾーンのかゆみを緩和できる市販薬に使われている成分は、デリケートゾーンにも使用できる比較的優しい成分で作られているので、肌荒れなど起こしにくいです。

ただ、知っていてほしいことは、市販薬でデリケートゾーンのかゆみを緩和することができる場合もありますが、すべてのかゆみに効くわけではないということ。使用する場合は、必ず使用方法や注意事項を守ってください。また、市販薬では改善しない場合や症状が重い場合は、病院に行きましょう。

デリケートゾーンのかゆみ 市販薬 おすすめ4選

以下の市販薬は、すべてデリケートゾーンのかゆみに効く成分が配合されています。

おすすめ① デリナースクール

デリナースクールは、クリームタイプの塗り薬です。2種類のかゆみ止め成分と殺菌成分、血行促進成分、清涼成分が配合されており、かゆみやヒリヒリ感を鎮めるとともに、患部の回復を促します。塗るとスーッとする使用感が好きな方におすすめです。

おすすめ② フェミニーナ軟膏S

フェミニーナ軟膏Sは、クリームタイプの塗り薬です。2種類のかゆみ止め成分と殺菌成分、血行促進成分が配合されており、かゆみやヒリヒリ感を鎮めるとともに、患部の回復を促します。清涼感はない方がいいという方におすすめです。

おすすめ③ フェミニーナミスト

フェミニーナミストは、スプレータイプの塗り薬です。2種類のかゆみ止め成分と殺菌成分が配合されており、かゆみやヒリヒリ感を鎮めます。手を汚したくないときや外出先でサッと使いたいときにおすすめです。逆さまにしても使えます。

おすすめ④ オイラックスソフト

オイラックスソフトは、クリームタイプの塗り薬です。2種類のかゆみ止め成分と抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分、血行促進成分が配合されており、かゆみや赤みを鎮める効果があるため、生理用品などで起こるヒリヒリや赤みにもおすすめです。

以上が、デリケートゾーンのかゆみにおすすめの市販薬です。

どれもドラッグストアやオンラインショップで購入できますので、気になる方はぜひ試してみてください。

デリケートゾーンのかゆみ市販薬で治らない

デリケートゾーンのかゆみ 市販薬は、外部からの刺激によるかぶれやカンジダ症などの軽度な症状には効果が期待できますが、かゆみがひどくて範囲も広い場合や、水ぶくれや赤いぽつぽつがある場合は、病院を受診する必要があります。

また、おりものがいつもと違う場合や、正しい洗い方や市販薬を試してもかゆみが治まらない場合も、医師の診察を受けてください。

デリケートゾーンのかゆみは放置すると悪化することもありますので、自己判断せずに早めに対処しましょう。

まとめ!デリケートゾーンのかゆみに緩和に…おすすめの市販薬

デリケートゾーンのかゆみは、女性にとってとても悩ましい問題です。

かゆみの原因はさまざまで、カンジダ症や性感染症などの感染症、生理用品や下着によるかぶれ、洗いすぎや洗剤などによる刺激などが考えられます。かゆみがひどくなると、肌が傷ついたり、精神的にもストレスになったりします。

そこで、デリケートゾーンのかゆみに効く市販薬のおすすめを4つ紹介しました。

  1. デリナースクール
  2. フェミニーナ軟膏S
  3. フェミニーナミスト
  4. オイラックスソフト

デリケートゾーンのケアができる市販薬は、感染症などの病気が原因でなく、外的な刺激によるかぶれや軽度の炎症が原因の場合に使用できます。感染症などの疑いがある場合は、市販薬を使っても改善しない場合が多いので、必ず医師に相談してください。

個人差や体質によって効果や副作用が異なる場合があります。使用前には必ず使用方法確認してくださいね。

猫柳
猫柳

市販薬はあくまで一時的な対処法であり、症状が改善しない場合や悪化する場合は、使用するのを中止し、病院へ行くことをおすすめします。

恥ずかしい部分なため、病院に行くのが遅くなるケースも多々あります。デリケートゾーンの悩みは早め早めが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
デリケートゾーンの痒みがいち早く緩和されていることを願っています♪

痒いの嫌いっ!
ガーっとかきたいけど人前ではぼりぼりとかけない部分だよっ!
はやく治そう~💨

タイトルとURLをコピーしました